LDM~レコールデママン~

レコールデママン~ママの学校~は今までなかった全く新しいタイプの母親学級です。

子どもを育てる、ということに関連して必要になってくる知識は実に幅広く、保健学、教育学、心理学(潜在意識も含む)、脳科学、国語や理科などのある程度の常識など多岐にわたります。しかしながら現状はインターネットでそれぞれの分野の詳しい情報を検索でき、子育ての”技術”に関しては沢山の答えがでてくるものの、その”本質”に関して触れたものは多くはありません。ましてや系統だって子育てについて教わった記憶は誰もないでしょう。子育てっていったい何?ざっくり言うと何が一番大事なの?というのが私が一番知りたかった答えでした。

自身の20年近くの4人の子育てを通し研究、実践を重ね(何に突き動かされたのかわからないですが職業とは関係なく、ライフワークとしてやってきました)、ついに頭の中の何千のピースがピタっとはまった感覚を覚えたのが2016年。白金台自店舗のワークショップスペースでセミナーを開講しました。(現在店舗はクローズいたしました。)

いい料理人は素材を知り、その良さを生かす術を持っています。いい親は子どもをよく見て知り、そのいいところを生かして伸ばす方法を理解し実践しています。ところが子育てがより難しいのは、親自身もかけていることさえ気が付いていない、自分だけの色眼鏡の存在。眼鏡越しに子どもを見ていては、シンプルなはずの子育てがより複雑に絡まるばかりです。

 お子様が小学校に上がるまでの時間は、実は親子にとって本当にかけがえのない時間です。人生でも凝縮された時間なのです。

その子育ての時期を心から楽しんで過ごせるようお手伝いができるのであれば、これほど嬉しいことはありません。

 

主宰者プロフィール

コジヤ(櫟木)みさ

(Crousillat Ichiki Misa)

 

幼児教育研究家。

子育てアドバイザー協会公認子育てアドバイザー。

SAT療法気質アドバイザー。

 

聖心女子大学心理学科乳幼児発達心理学専攻。

JAL勤務の後結婚、出産。

自身の19歳、15歳、4歳、2歳の4人の子育ての中で私立幼稚園受験、小学校受験を経験し、11年前からは個別で受験指導を行う。スズキメソード、ドーマンメソッド、七田、モンテッソーリ、三石メソッド、など各種教育法、SAT療法(筑波大学名誉教授宗像恒次教授が開発したセラピー)などを学ぶ。

また、フランス式クレイテラピー、アロマテラピー、ベビーマッサージ、メディテーション、イメージセラピー、野口整体などについても造詣が深い。また、胎教教室を主宰していた母親より胎教についても学ぶ。

 

2011年にフランスキッズアパレル3pommes<トワポム>を日本へ輸入開始、離婚を経て再婚し、現在フランス子供服・雑貨の輸入、販売を手掛ける会社を夫と共に経営。

2016年10月に白金台に実店舗ブティックパザパをオープンしワークショップスペースを併設、20年後の未来を見据えた新しいタイプの母親学級、レコールデママンのセミナーをはじめる。

現在は伊勢丹新宿店、白金台の教室でセミナー、定期クラスを開講。(ブティックパザパは閉店。)一般向けのセミナーも行う。